公簿とは何でしょうか

公簿とは戸籍簿・住民票・不動産登記簿・商業登記簿などのことです。相続手続きに必要な書類はたくさんありますが、ここではこの公簿を簡単に説明していきます。

戸籍の謄本(とうほん)・抄本(しょうほん)

戸籍には同じ氏を持つ者しか記載されていません。また現行法では親子2世代までの記載しかできませんので、孫が生まれた時は必ずその戸籍からの除籍が行われます。

通常婚姻をすると別の戸籍簿を作ることになるので問題は無いでしょう。また昭和60年の改正戸籍法により、外国人との婚姻の場合も同様に新戸籍の編成ができるようになっています。

戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)とは、その戸籍に含まれる全ての者の記載があるもので、戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)とは、その戸籍の内の1人について記載しているものです。

取得場所は各市区町村です。戸籍の閲覧(えつらん・見るだけという意味)は現在はできませんので、申請取得することが必要です。

戸籍の附票(ふひょう)

戸籍の附票は戸籍簿と住民票を結びつけるもので、氏名の他、本籍や現在と過去の住所等が記載されています。しかし、現在は改製が進み、古い住所地は削除されていることがあり、必要のある時は「証明願」を提出して、過去の住所地の証明書類とすることになります。

取得場所は各市区町村です。改製原戸籍(かいせいげんこせき)現在につながる戸籍は明治初期にできた戸籍法を元としており、それ以後、幾度かの戸籍法や民法の改正により、明治・大正・昭和初期に生まれた者の戸籍は、現在の戸籍簿ではなく、この改製原戸籍簿に載っています。

したがって、そういう昔に生まれた人の戸籍が必要な時はこれを取得することになります。取得場所は各市区町村です。

除籍簿(じょせきぼ)

本来あった戸籍から、全員が死亡や婚姻によってその戸籍を抜け、当該戸籍簿から除かれて別につづられた一種の空になった戸籍簿のことです。相当に古いものは次第に保存されなくなってきているようです。取得場所は各市区町村です。

地籍図(ちせきず)

役所が国土調査によって地籍調査を行い、土地の所有者・地番・地目・地籍等を記載した図面です。地域によっては所有者の記載していない所もあるようです。不動産の相続登記を行う時の、土地の確認において必要となります。取得場所は各市区町村です。

住民票氏名・出生年月日・男女の別・世帯主の氏名・世帯主との続柄・戸籍の表示・住所等が記載されており、相続手続きには欠かせない公簿です。戸籍と同様に謄本と抄本があります。取得場所は各市区町村です。

固定資産税評価証明書・名寄帳(なよせちょう)

不動産登記における登録免許税の算出に利用されます。名寄帳とは「土地・家屋課税台帳兼名寄帳」といい、固定資産について所有者ごとに物件をまとめたものをいいます。各不動産のの評価額や課税標準額・税額などがわかります。各市区町村で取得して下さい。

印鑑登録証明書登録できる印鑑には、その大きさや材質、印影のはっきりしないものは不可等の一定の条件があります。1人に付き1個で、同じ印鑑を使って夫婦でそれぞれ登録することはできません。

登録が完了すると、登録用のカードが発行されるので、印鑑登録証明書が必要な時にはこのカードだけを市区町村の窓口に持っていき、必要事項を書いて申請すれば直ぐに発行してもらえます。

不動産登記簿(ふどうさんとうきぼ)

書面は3つの部分に別れ、表題部には土地や建物の所在・地番・地目・地籍・登記の原因・その日付等が記載されています。その下は甲区(こうく)で所有権に関する事項が記載されています。

更にその下には乙区(おつく)という部分があり、所有権以外の権利(抵当権や賃借権等)に関す事項が記載されています。記載事項の無い部分は「余白」となっています。

戸籍や住民票と違い、その事由を書かなくても誰でも申請して取得することができます。これにも謄本と抄本があります。取得場所は各法務局(出張所でも可)です。